​下北沢の家_F

長屋形式のコープラティブハウスのインフィル設計をしました。
住み手となるのは夫婦二人とお子様一人の三人家族。ご主人は、打ち放しコンクリート仕上げの空間を活かし、コンクリートの素材感で統一されたストイックな空間をご希望でした。そのため、リビングの壁面棚やキッチンカウンター、洗面台など、技術的に躯体と一体にできるものは全てコンクリートでつくれるよう設計し、現場で型枠を組み、配筋し、コンクリートを流し込んでつくりました。家具としては分厚いコンクリートですが、繊細でシャープなステンレスの棚板等と組み合わせ、機能的にも使いやすいようバランスを取りました。壁から持ち出したコンクリートのカウンターを支える支柱は溶融亜鉛メッキのスチールパイプを床スラブで固定しています。コンクリートの空間の中に、Modular製(ベルギー)の照明器具を要所要所に設置していくことで、工業製品としての美しさと温かみを加えています。ご入居後は観葉植物の植木鉢がどの部屋にもたくさん置かれ、緑に包まれた、居心地の良い空間になっています。

​#設計・設計監理

 

Data
竣工      2008年
所在地     東京都世田谷区
用途      専用住宅
構造      鉄筋コンクリート造 地下1階地上3階

プロデュース  株式会社 アーキネット

スケルトン設計 有限会社 architecture WORKSHOP

構造設計    株式会社 構造計画プラス・ワン
施工      新日本建設株式会社