​コープオリンピア#4

1964年の東京オリンピック翌年に竣工したマンション「コープオリンピア」は、表参道沿いのビンテージマンションとして当時の姿をそのまま残しています。
そのコープオリンピアの住戸内をSOHOのためにリノベーションしました。

同スパンで規則的に配列している住戸ユニットを、ここでは2スパン改修。1スパンは仕事場、もう1スパンはプライベートなスペースとして明快に区分し、それぞれを行き来する扉は、来客が扉と気づかないようなデザインとすることで、オフィス側から見たとき、生活感を感じさせない工夫をしました。

窓からは明治神宮の緑と代々木体育館を望む景色のなか、室内へも、清々しい空の色や緑が取り込まれて連続していくようなイメージを大切に、壁面のデザインを決めていきました。

オフィスは午前中から清々しい気分になるよう爽やかな色合いに、プライベートな生活スペースは、夕方からリラックスして過ごせるよう優しい色合いにしています。色が与える心理的影響は、想像以上の効果でした。

#インテリアデザイン #設計・設計監理

 

Data

竣工(改修) 2009年3月

所在地    東京都渋谷区
用途     専用住宅

改修面積   56㎡(17坪)

構造     鉄筋コンクリート造 リノベーション

施工     有限会社 コヤノ建装